読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融サイトを運営する人のブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

暗殺ってマジ?さすがにちょっと怖い話。本当のところどうなんだろう

日本の相続は死の瞬間と定められています。誰かが亡くなってそれから手続きすることが相続ではなく、誰かが亡くなった瞬間、勝手にその人の財産が遺産として相続人に相続されているという特徴があります。誰かが亡くなるまで推定相続人(おそらく相続人になると推定される人)も、亡くなった瞬間に相続人として確定するというわけです。

 

人が亡くなるのは一瞬ということも珍しくありません。亡くなった瞬間を知らなくても、何時の間にか勝手に財産が相続されているわけです。職場で仕事をしている時に家族が亡くなったら、取引先と電話しているまさにその時に遺産相続をしてしまっている可能性もあるわけです。何だか不思議な話ですね。

 

この相続の瞬間は民法という法律の882条に定められています。しかしこれはあくまで日本の法律が定めた相続であり、他に国ではそれぞれの国の歴史や事情に合わせて別の相続制度が定められています。


つい先日、金正男氏の暗殺ニュースでクローズアップされたマレーシアも同じで、特有の日本とは異なる相続制度を採用しています。

news.yahoo.co.jp

日本では民法882条で死の瞬間に相続が発生すると定められており、その後に相続放棄をするか、限定承認をするか、遺産分割協議をするか決めて手続きを進めます。対してマレーシアは人が亡くなったら裁判所で清算してもらい、清算後の遺産を相続人が受け取るという制度になっています。プロベートという手続きです。この手続きはかなり長い時間がかかり、場合によっては一年くらいを見る必要があるとか。日本の相続税の納税期限が10カ月ですから、日本の相続税の納税に間に合わないことがあるという問題がたまに起こるようです。日本は日本、マレーシアはマレーシアですが、それぞれの国で違った制度を採用していて面白いですよね。

 

話は変わりますが、日本における相続の対象になる遺産は、預金、不動産、株や債券といった有価証券だけでなく、負債も対象になります。負債とは主に借金や未払いの税金、未払いの医療費などです。

・こちらの記事は故人のカードローン返済はどうなる?様々なケースを徹底解説しています。

カードローン 名義人死亡した場合どうなる?様々なケースを徹底解説

 

まさに負の遺産です。もちろん故人がカードローンで借り入れをしていると、「カードローンは特別!」というわけではありませんから、相続の対象になります。きちんと返済計画を考えずに借りてしまうと、子供や配偶者の負の遺産になってしまうわけです。

 

世の中、目の前に迫った問題をどう解決するかで頭がいっぱいで、なかなか相続のことまで考えて借り入れをする人はいないことでしょう。ですが、便利であっても、やはり利用は計画的にしたいですよね。

 

外に出るのはちょっとキツイ。でも今すぐどうにかしたいそんなとき

春の中でも特に初春の天気は変わりやすく不安定です。突風が吹いたかと思えば、急に気温が上がる。かと思えば、ごろごろと雷の音がする。しかも日本中が同じというわけではなく、東北に春一番が吹き荒れているのに関西では夏のような日和ということも珍しくありません。

・関東・東海を中心に全国的に荒れた天気に。天候記事を紹介します。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6230636

 

暑いとなれば日本全国とにかく暑い夏とは違い、春は地域によってかなりの天候差がある季節なのです。

 

しかし、同時に春は花々の咲き乱れる美しい季節でもあります。特に桜は日本の代表的な花で、多くの日本人に昔から愛されてきました。ですが、実はこの桜という話、大昔において咲いている姿を愛でるものではなかったようなのです。日本最古の和歌集である古今和歌集には「今年より春知りそむるさくら花散るといふ事はならはざらなむ」などの、桜が散る姿を謳った和歌が多く納められています。こちらの和歌は紀貫之の作ですね。

 

確かに桜の花びらがひらひらと風に舞い散る姿は風流であり、日本人としては感じるものがあります。開花率をチェックしながら満開を待つのもいいですが、少しずつ散ってゆく桃の雨のような姿も美しいものです。

 

しかし、春風に乗るのは桜の花弁だけではありません。

 

春といえばまず黄砂。風が強い日は洗濯ものや車が黄色になりますし、くしゃみや鼻水で苦しむ人もいるようです。

 

また、春風に乗る辛い存在として黄砂以外に花粉もあげられます。まだ春というのは寒い三月の頭頃には既に町中でくしゃみや鼻水、目の痒みを訴える人を見かけます。それこそ桜が美しい花を咲かせ、散らす頃は花粉症の最盛期です。花粉症のメカニズムは、花粉を異物として認識した体が一生懸命と花粉を体外へ排出しているというもの。つまり「体の中に花粉を入れないための攻防」が繰り広げられていることになります。メカニズムはどうあれ、そうした体の中の攻防が辛い症状を引き起こしていることに変りはありません。

 

春は天気も不安定ですが、体調も不安定です。くしゅん!と咳をし、家を出れば突風が吹く。綺麗な季節ですが、この不安定さは堪らないものがあります。急にお金を工面しなければならなくても、外に出ることすら辛いですよね。

 

お金がないからちょっと単発のバイトでもと思っても、くしゃみ鼻水でそれどころではないという人もいるかも?けれど、スマートフォンや公共料金の支払いは花粉症や黄砂、春特有の気候など考慮してくれません。レイクなら少額をスピード手続きで借り入れ可能ですから、天気や体調のせいでなるべく春はお家の中にいたい人でも安心ですよ。

・こちらの記事からスマホ代を借りるならレイクがおすすめ!を紹介しています。

スマホ代!2,3万借りるならレイクで借りると自転車操業にならず圧倒的にお得!

 

もちろん24時間スマートフォンから申し込みできます。春は自宅から出なくても手続きできるカードローンが大活躍する季節ですね。

 

http://weather-ignorance.jp/02-nihon_2.html

万が一のときに。どこからでも全国対応のカードローンがあればいいね

宝くじに高額当選すると、高額当選者用の冊子が配布されます。

 

冊子には高額当選者のエピソードや、高額当選した人への注意などが書かれています。たまに高額当選をした人がすぐに仕事を辞めて、それから高級車を数台購入し、家の建て替えをしたところで近所の人に「あなた宝くじでも当選したでしょ」と言われる。こんなことをするといくら内緒にしていてもすぐに高額当選がバレますよといったごく当たり前のエピソードや注意書きが薄めの冊子一冊にまとまっています。詳細な中身は、是非とも皆さんが高額当選して確認してみてください。

 

さて、そんな高額当選ですが、当選する確率はとっても低いことは皆さんよくご存じかと思います。

 

一等の当選となると雷に打たれる確率と同じくらいだといわれますし、一等以外の高額当選を含めて考えても、飛行機事故や火災、自動車事故にあう方の確率が遥かに高いといわれています。生きていく上で大きなプラスよりも大きなマイナスにあってしまう確率が高いというのは、何とも夢のない話です。

 

では確率を上げるために宝くじを一気にたくさん購入すればいいのではないかという話ですが、宝くじの購入金額の40パーセントは地方財源に充てられると決まっており、当選金額は合計して50パーセントまでの割合という決まりもあります。

 

とてもざっくりとした計算ですが、1億円分を購入すると5,000万円は単純計算で赤字が出てしまうことになります。100枚の宝くじが販売されて100枚全部を買い占めたとしてもそのうちの50パーセントの金額しか当たらないように当選金額に規制があるわけです。ですから、全部買い占めたとしても、出資した半分のリターンしかない、絶対に勝てない夢のくじであるのです。話を進めるごとにどんどん夢がなくなっていきますね。宝くじで最高のリターンを得るのは、バラで1枚だけ購入して一等当選することでしょうか。そうすれば数百円の出資に対し億円ですから、まさに夢を掴んだといえます。

 

ところで、宝くじの高額当選は人生において落雷や火災、事故といったマイナスを引き当てるより確率が低いといいましたね。突発的な出来事のためにはいざという時にどう資金工面するかを考えておくことが重要です。宝くじはそう簡単にリスクヘッジに使えるほどの金額は当たりませんので、あまり当てにすることはできなさそうです。全国区で使えるカードローンなどを調べておくと、いざという時は安心ですね。

・全国どこからでも申し込めるカードローンがワカル記事を紹介します。

wakaru-cardloan.jp

なお、金融機関では宝くじの扱いもあります。諦めきれない夢のためにセットでいかがでしょうか。

 

世界を飛び回るイモトがドラマ。いろんな国に行った経験が役立つ?

「債券」という金融商品があります。お金の貸し借りをして、貸したお金を返してもらう権利は「債権」ですが、投資においてどこかの企業や国にお金を貸して利息を得、償還日に貸した額を返してもらうという金融商品は債券と呼ばれます。

 

有名な債券といえば日本という国で発行している個人向け国債です。お金の貸し借りというと不安を覚えますが、銀行に預けたお金も結局、銀行側が選んだ企業に融資という形で貸し出しを行います。ですから、預金として預けて銀行が選んだ相手に貸し付けをしてもらうか、それとも自分が選んだ団体に自分で貸し付けをするかという違いでしかありません。

 

どちらがよりリターンが多いかというと、当然ですが自分で直接貸し付ける方です。利息に対して税金が課税することはありますが、残りは全て自分自身の懐に入りますから、お得といえばお得です。銀行が企業に貸し付けをして預金の利息という形でリターンを得ると中間マージンを取られた上に税金が課税され、しかも預金者たちの預金額に合わせて分配されるので、あまりリターンを得ているという印象はないかもしれないですね。

 

債券は償還日にそれぞれの団体に貸し付けた元金も返済されますから、安定志向の投資として人気があります。個人向け国債などは日本という国に貸し付けるわけですから、国が破綻する前に銀行が破綻する方が先だろうという思考もあって、年代問わずとても人気があります。また、預金よりもリターンが多いことも人気の理由です。

 

しかし、債券投資をしていると、段々と日本の金利に対し「少ない」「ほとんどゼロ」と不満を持つようになるようです。最初は日本という安定感抜群な国に低いリターンで貸し付けていても、慣れてくるともっと大きなリターンが欲しくなります。そこで、債券投資に慣れた人は日本よりもっと利息の多いオーストラリアやニュージーランドへの貸し付けを検討することも多いでしょう。

 

ニュージーランドやオーストラリアは今でこそ2~3パーセントくらいの債券も少なくないですが、数年くらい前は5パーセントということも珍しくありませんでした。ニュージーランドに至っては、十年くらい前は7パーセント近いこともありました。日本のバブル期で預金が8パーセントくらいですから、これは結構な高水準です。券と預金では性質が違うとしても、高いリターンを得たい人でしかも安定性を重視する人はオーストラリアやニュージーランドへの債券投資も悪くない方法です。

 

しかし、世の中にはもっと債券の利息が高い国もあります。

 

世界各国を回っているイモトさんの回っている国の中には、びっくりするくらい債券利息が高い国もあります。経済が安定していない国はその分だけ利息を高くして投資者を釣らないとなかなかお金を貸してくれる人が見つかりません。だからこそ「高金利、高利回り、高利息!返済できないリスクもそれなりに高いけれどお金貸してください」と宣伝するしかないのです。

 

日本の金利が低いのは周知の事実で、まさに世界最低クラスの金利水準が日本なのですが、金利が高いことが一概に良いとはいえないということです。リスクとリターンのバランスはやはり大切ですよね。日本はリスクもマイナスに近い国ですが、リターンもそれこそほぼゼロのような国といえるでしょう。

 

しかしこれはあくまで自分が債券投資をする側の話。自分が借りる側でローンを利用すると、ちゃんとマイナスではない金利が適用されます。

 

貸すと低い。借りるとそこそこ高い。

 

これが日本の金利の特徴です。だからこそローンを活用するためには各種ローンを吟味することが必要なのです。

・海外のカードローンと日本のカードローンの金利について調べた記事を紹介します。

wakaru-cardloan.jp

 

ところでイモトさんは珍獣ハンターとして有名ですが、今度NHKドラマで主演が決まったそうですね。珍獣ハンターとして体を張っている彼女がどんな演技を見せてくれるか楽しみです。テレビもそれぞれのテレビ局ではなくテレビ番組自体に投資できれば面白いかもしれないですね。皆さんだったらイモトさんのドラマに投資できるとしたら、どうしますか?

 

http://www.oricon.co.jp/news/2081498/full/

自分の意見をはっきり主張する。それって簡単そうで難しいこと

金融機関の窓口でお客さんの応対をしていると、なかなか自分の意見をはっきり言わないお客さんがいらっしゃることに気がつきます。どんな金融商品を求めているのか、何を望んでいるのかわからないと応対のしようがないので、金融機関側も困ってしまうことがあります。しかし、通帳の作成や口座の開設に対してははっきり物を言うので、まったく意見や希望を言わないという硬派なお客さんというわけでもなさそう?これってどういうこと?と不思議に思って考えてみたことがあります。

 

答えは意外と簡単に出ました。

自分の知っていることに対しては、はきはきと意見なり希望なりを伝えることができるのですが、金融商品は専門用語も多く、自分の希望や意見を伝えたくてもどのように伝えたらいいのかわからないのです。皆さんにはこんなことはありませんか?

 

ざっくりした希望や、やりたいこと、お願いしたいこと、自分の意見はあるのに、専門的な知識がないから上手く伝えられない。これってとってももどかしいですよね。意見を伝えるには適切な用語の意味や知識が必要なこともあります。行員にどう言ったら上手く伝わるのか、お客さんも一生懸命考えてくださっていたのでしょう。

 

一昔前であれば、窓口でお客さんが「ああじゃなくて」「こうじゃなくて」と意見を伝え難い様子が見受けられれば、何とか色々なパンフレットやメモを用意して必死に聞き取りをしたものですが、最近はタブレット一つで「こちらの商品でしょうか」と確認してもらえば済むことです。意見を伝えること、受け取ること、ニーズを引き出すこと、全て格段に便利になったと感じます。

 

しかし、タブレット一つで解決できる「自分の意見や要望を伝えること」ができた反面、時代を問わずはっきり言い難いことも。

金融機関で借り入れたカードローンなどの各種ローンで返済に困った場合に放置してしまうと、最終的に督促状が届いたり、担保にした自宅などの不動産が競売に付されたりといった結果になります。

・こちらの記事からカードローン会社の連絡を無視してはいけない理由が分かります。

wakaru-cardloan.jp

返済に困ったら金融機関に相談すれば対策の取りようはあるのですが、「返済を待っていただけませんか」「実は返済が苦しくて」という話は、時代問わずはっきり言い難いものです。

 

しかし、「言い難い」「困った」を放置してしまうと、それこそ最悪の結果を招いてしまいます。最悪の結果とは強制執行や競売のことです。

言い難くても思い切って相談してもらえれば、ローン返済の見直しをすることもできます。返済金額を変更することだって可能です。金融機関側にとっては「言い難い話でしょうが、よく思い切ってご相談してくださいましたね」という話ですので、そこは気にせず、最悪の結果を招く前に勇気をもって相談してくださいね。意外と「あら、すんなり話がついちゃった」ということもありますから、言い難いことでも自分の意見をはっきり主張することは、そう悪いことではないはずですよ。