読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融サイトを運営する人のブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

地震予知も将来的には確実になるか?安心して暮らせる日が来て欲しい

日本は地震大国と呼ばれています。前に他国の方と電話でお話しした時に、ふとした切っ掛けで地震の話になりました。「日本は本当に地震が多いようだね」との言葉に「そうね」と頷くと、その後に続いたのは驚くべき言葉でした。

 

「で、地震って本当に揺れるの?」

 

どうやらその他国の方は地震を経験したことがなく、大地が鳴動するということに対し、知識はあっても、感覚がよくわからなかったようなのです。「本当に凄く揺れるよ」「家の中の電気が振り子のようになるし、食器棚からグラスも落ちる。酷い時は立っていられないよ」と答えると、とても驚いた様子でした。

 

他国は日本ほど地震が多くない国がほとんどで、中には多少地面が揺れたような感覚を覚えても、それが地震だと気づかず一生を終える方もいるようです。日本は地震大国で、大きな地震が次は何時やって来るのかと予想する番組や、いざという時にどんな備えが有効かを説く冊子に需要があると耳にします。しかし他国にとっては、それぞれの国特有の災害というものがあり、地震よりそちらに心を砕いているのかもしれません。だとすると、地震というものについてあまりぱっとした感覚を覚えないのも納得です。

 

金融機関につとめていると時々ですが海外の方から連絡があり、「日本に口座を開設するためには判子というものが必要と聞いたけど、それってどんなもの?」なんて、尋ねられることがあります。日本の当たり前は日本特有のもの。災害だってそれぞれの国が「災害」という言葉で思い浮かべるものには大きな差があるのかもしれないですね。

 

国によって災害という言葉で思い浮かべるものの印象は違ったとしても、日本といえばやはり地震です。地震予知に関する研究が進んでいるという話ですが、実用化はそう簡単ではないのでしょう。

 

そこで考えておきたいのはやはり備えです。備えあれば憂いなしという言葉もありますから、災害だけでなく多くの物事に対して備えはとても大切なものだと言えることでしょう。

 

もちろんお金の借り入れだって同じです。色々な金融機関を比較して金利を確認しておくことはまさに備えです。金利比較という備えがあれば自分にぴったりなお得ローンが見つかるでしょうし、最終的に返済額も少なく済みます。お財布にとってはまさに憂いなしというわけです。

参照
http://www.asagaku.com/kokoku/jishin_tsunami/nihonwajisintaikoku.html

運送業って大変。時間指定して不在ってマナー違反なのかもしれない

インターネット上で買い物ができるのが当たり前の時代になりました。

少し前はインターネットの利用も時間に応じて料金が加算される仕組みであったため、のんびりネットショッピングをしていると莫大な請求が届いたものです。現在もスマートフォン用のアプリゲームに課金し、知らないうちに使用料が数十万円になっていた、なんていう話も聞きます。これって最近のことじゃない?と思うかもしれないですが、アプリゲームでの課金はわりと近年のことであると言えても、インターネットをたくさん使うことによって高額請求という問題はずっと昔、それこそ民間でインターネットの契約ができるようになった頃からあった問題です。

 

最も、その頃はまだ今ほどインターネットは普及していませんでしたし、ネットショッピングという仕組みもできていませんでした。ごく初期のインターネットサイトを閲覧するくらいで、パソコンの利用は主に文章を打つことや数字をまとめることにあったかもしれないですね。それがたった十年そこいらでここまで発展してしまうのですから、十年前の私たちが見たらびっくりしてしまうかもしれません。

 

カレールーを買い忘れても、お鍋をことことしながら即日便で頼める。凄い時代になったものです。現在はインターネットもネットサーフをする分にはほぼ定額制のサービスばかりで、ゆっくりインターネットでブロッコリーを探そうが、週末のお出かけに着る服を物色しようが定額です。やはり、とても便利な時代になったものだなとしみじみ思ってしまいますね。皆さんの中にもインターネットショッピングを日常的に利用しているという方も多いのでは?

 

しかし、インターネットショッピングを利用すると、どうしても宅配という、発送から届くまでの間に一手間あります。インターネットショッピングが主流ではなかった時代は、荷物の発送といえばお店と問屋、個人間が主であったようですが、今はお店と個人の間でも日々数え切れないくらいの荷物の発送が行われています。

 

特に大手ネットショッピングサイトのamazonの荷物はかなりの量に上るとか。提携を結んでいるクロネコヤマトはこうしたネットショッピングの荷物を届けることに大苦心しているようです。

・こちらからクロネコヤマト配達見直しの記事を紹介します。

headlines.yahoo.co.jp

 

時間指定をつけているのにいない。代引なのにやはりお客さんが家にいない。これってマナー違反じゃないの?とがっくり疲れてしまうこともあるようです。しかも、指定時間にお客さんがいないために何度も足を運ばなければならない上、次から次へと荷物の発送依頼が届きます。物量自体が多く、人手も労働時間も足りていないようです。いつもきっちり指定通りに荷物を持ってきてくれるクロネコヤマトの配達員さんには頭の下がる思いです。年中が繁忙期とはまさに運送業界にこそ言えることかもしれないですね。

 

金融機関のカードローンですが、こちらに関しては繁忙期と言い切れる時期はあまりありません。お葬式の費用や生活費の工面などは突発的なことなので、「この時期に集中」ということがほとんどないのです。

 

ただし、金融機関の時間ぎりぎりに申し込んでしまうと、金融機関側は仕事の締めの時間にかかります。繁忙時間に審査はしていられないということで手続きが翌日に回されることがあります。金融機関のカードローンに関しては、繁忙期というより一日の中の繁忙時間を考えて申し込んだ方がよさそうです。

やっぱり冬はスノボ。でも、ガンダムが滑ってきたらビビるよね

今年は日本海側では特に雪が少なかったらしく雪国として有名な新潟県でも早々にスキー場が閉鎖されてしまうようです。平地ではもう溶けている雪も山の上ではまだまだこれから。三月中に卒業旅行も兼ねてスキーやスノーボードでもと思っていた学生さんには残念な結果になりました。ただ、中にはまだ十分に雪を蓄えているスキー場もあるようですから、色々と検索してみれば新たな発見があるかもしれないですよ。

 

山形県の月山スキー場は冬場に閉鎖され、四月から七月まで滑走可能のスキー場です。

 

月山といえば出羽三山の一つで、同じく出羽三山に数えられる羽黒山湯殿山と共に修験者たちの修行場であったという歴史があります。山中には歴史ある山岳信仰を今に残す月山神社、そしてスキーの疲れを癒す温泉もあります。山形県といえば日本酒でも有名であり、中でも「十四代」などはなかなか手に入らない日本酒として酒好きの羨望の的になっています。大学生の旅行は、社会人になる前に目いっぱい学生であることを楽しむことのできる時間です。気の合う友人たちと思い切り遊んだら、美酒と温泉、そして歴史を楽しむのもいいのではないでしょうか。

 

しかし、旅行を楽しむにも先立つものが必要です。アルバイトでお金をこつこつ貯めていても、授業に使う教科書や一人暮らしの生活費にお金が消えてしまったということもあるでしょう。そんな時は少額をこつこつ返済できる学生ローンが便利です。学生ローンは学費だけでなく教科書代やこういった学生特有のイベントにも活用することができるのです。友達と思い切りはしゃげる学生の期間は存外短いものです。お金がないから行かない!無理!ではちょっともったいないですよね。色々な学生ローンを比較して、金利が低く月あたりの返済額が小さなものをセレクトしてみるのはいかがでしょうか。

 

ただ、学生ローンは学生生活全般に使えるローンですが、場合によっては「駄目です」と断られることがあるのです。

・こちらの記事は学生ローンの申し込みガイド審査通過と審査落ちの違いを徹底解説しています。

http://wakaru-cardloan.jp/gakuseiloan/

ローンには必ず審査があって、審査をパスしないとお金を借り入れすることはできません。


近年、ガンダムやザクの格好をして張り切ってスキーやスノーボードをしてしまう人もいるとか。

・スキー場でスノボをするガンダムが話題に!こちらから詳細記事を紹介します。

headlines.yahoo.co.jp

せっかくの旅行に張り切る気持ちはわかりますが、間違っても「旅行のためにガンダムを買います」なんて、ローンの申し込みには書かないようにしてくださいね。

適度なお酒の摂取は健康の元!できればおいしいお酒が飲みたいです

お酒にはビールや日本酒、ウィスキーと色々な種類があります。缶チューハイの種類も目移りするくらい豊富で、これからの季節のお花見にどんなお酒を用意するか悩んでしまいますね。ビールと炭酸飲料、ワインとジュースなどを自分の好みで組み合わせることでカクテルも自由に作れてしまうので、お酒好きの方はお花見にぴったりな一杯を探しておきたいところです。

 

この季節だと色の綺麗な果実酒などもいいかもしれないですね。カラフルな果実酒の中でも桃の果実酒は桜と同じ色合いのお酒として販売されているのをよく目にします。まさに春の色という感じで、お花見にはぴったりかもしれないですね。お酒の種類は年々増えているようで、選ぶだけでも楽しいもの。しかし数があり過ぎて最終的に定番に落ち着いてしまうということもよくあるかもしれません。

 

お酒に種類は数あれど、やはり乾杯に使う一杯目はビールではないでしょうか。

 

ビールはまさに宴会の定番ともいえるお酒です。すぐに日本酒やウィスキー、果実酒などに切り替えるとしても、最初はビールで乾杯してからという人はけっこう多いようです。しかもビールはお手頃価格ですし、まとめて購入しやすいというメリットもあります。まさに宴会と庶民の味方という感があります。

 

ですが、中にはとてもお高いビールもあることをご存知ですか。地ビールの中には1,000円を超えるビールもごろごろしていますが、それよりも遥かにお高いビールが日本には存在するのです。その名も那須高原ビールから出ている「ナインテイルドフォックス」!那須高原の伝説に登場する九尾の狐印のラベルが目を惹くヴィンテージビールです。

 

グラスに注いだ時の深いビールの色合いがラベルの色とマッチして味だけでなく瓶とビールのコントラストも美しいこのビール、熟成期間が長いほど高価になり、1998年もので何と税込13,500円です。2016年ものでも税込3,780円ですから、他の地ビールと比べてもかなりのお値段です。酒は百薬の長といいますが、このお値段だと薬代わりに一杯やるのもためらわれてしまいます。

・こちらの記事は「酒は万病の長」万病の原因?について解説しています。

headlines.yahoo.co.jp

しかし、ナインテイルドフォックスは輝かしい受賞歴のある有名なビールですから、高価でも一度は飲んでみたいと憧れてしまいます。


銀行のカードローンはお酒の購入代金に充てることもできるのです。さすがに住宅ローンでお酒は買えませんが、カードローンは使い道が自由ですからもちろんお酒の購入代金に充ててもOKです。

 

熟成期間の長いナインテイルドフォックスはどんどん売れてしまいます。まさにカードローンで資金工面をしてでも味わってみたいお酒と言えるのではないでしょうか。

 

高齢者の金銭事情って、実は深刻。年金も当てにならないなら働く?

老後の生活費用は20年で3,000万円以上必要だといわれています。もちろんこの金額はライフスタイルによって大きく変わってきて、まだ住宅ローンの返済が残っている人はもっと必要でしょうし、退職前に月収200万円もらっていて東京の高層ビルの賃貸マンションに住んでいるという人も、もっと必要なはずです。あくまでこつこつ生きたとしてこのくらい必要だという概算に過ぎず、ファイナンシャルプランナーによってはもっと高額を提示することがあります。とりあえず3,000万円は必要だろうという話です。

 

「3,000万円!?」と、心臓が跳ねた方はいらっしゃいませんか?

 

そうなのです。

老後にはこんなにお金が必要になり、しかも収入ががくんと減るという問題があります。体が元気であっても一定年齢を超えるとなかなかアルバイトの採用も難しくなります。士業資格や絵画、執筆などで稼げる人はいいのですが、資格や一芸を持っていても加齢に従って体調を崩しやすくなりますので、生涯現役というのも難しいことでしょう。

 

結論からいうと、老後の収入は主に年金に頼ることになります。もし国民年金保険料を満額納めていたとしても、国民年金は年額が平成28年4月から780,100円となっていますから、20年間同額でもらい続けたとしても3,000万円の半額ほどにしかなりません。夫婦合わせてやっと3,000万円といったところでしょうか。しかし多くの場合は、金額が改定されたり、途中で大きな出費があったりと、年金だけではどうしても生活をまかなうことができなくなります。もしできたとしたら、その方は素晴らしいやり繰り上手であることでしょう。

 

金融機関では、老後の資金として投資信託や預金でこつこつお金を増やしたり、守ったりということを勧めます。確かに普通に稼いでいるだけではなかなか老後資金は貯まりませんから、こつこつでも何らかの手段でお金を増やしていければそれに越したことはないでしょう。こういった老後資金は早めに準備することが重要です。

 

ですが、それでも生活が苦しいという人も日本にはたくさんいます。最近は100人に1人の老人は生活保護水準より下の生活をしていると盛んに取り上げられ、「下流老人」という言葉も耳にするようになりました。お金が必要でも預金がない。年金は少ない。ローンで借り入れるにしても返済に充てる資金もないのです。中にはお金に困り、高齢になってから風俗で働く人もいるとか。

 

金融機関ではお金の貸し付け以外にも生活に役立つサービスを扱っています。その一つがリバースモーゲージ。日本語では「逆抵当」という意味です。所持している不動産に抵当を設定してもらい、金融機関から生活費を融資してもらうというサービスです。

・こちらの記事はホームエクイティローンとリバースモーケージ2つのローンの違いを説明しています。

wakaru-cardloan.jp

東京の武蔵野市が魁ともいえる制度で、現在は社会福祉協議会でも行っています。このようにローンとは別の方法もありますので、老後のためにはお金を貯めるだけでなく知識を貯めておくことも重要ですよ。

 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB1604X_Q3A820C1EB2000/
http://www.knsyk.jp/s/shiru/kashitsuke_fudousan.html