読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約&金融サイトを運営する人の日々の思い&苦悩ブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

生活を豊かにするために。断捨離もやりすぎては意味がない!

金融機関の裏話です。

金融機関って実はあることにとても気をつかっていることをご存知ですか?もちろん手数料収入やお客さんへの対応も企業としてとても気をつかっているところ。しかしそれだけではありません。ちょっと迷信深いですが、金融機関は水回りのことにとても気をつかっているのです。大きな金融機関になると、お客さんがお手洗いを使うとすぐに掃除係が洗面台を拭いて汚れがないかチェックということだって珍しくありません。従業員が使う給湯室だって同じ水回りですから、なるべく綺麗にしようと努めます。風水で水回りが綺麗だとお金もよく回るという話があるから……とは限りませんが、金融機関は水回りのことに気をつかっているところが多いという印象です。

 

汚いよりだったら綺麗な方が断然いいわけですから、これは会社内部の素晴らしい慣習、そして価値観といえるのではないでしょうか。もちろん個人の日常生活も、家の中はすっきり綺麗に、そしていらないものはきっちり捨ててしまうということはなるべくしていきたいですね。筆者は雑誌やパンフレットを溜め込む癖のある父親と二十年以上の長きに渡って「捨てる!」「捨てない!」という不毛な戦いを繰り広げています。

 

綺麗なのはよいことなのですが、綺麗の基準点、ゴミかどうかの判断基準が個々人によって変わってしまうのが困りものです。また、整理してしまいたいタイプなのか、まとめて片付けてしまいたいタイプなのか、そもそもせっかちなのかによっても変わってくるのではないかと思います。さらに水回りを綺麗にしたらお金がよく回るのか?という人によっては迷信とさえ言い切るような事柄に対してどう考えるのか、生活の豊かさとは何なのかという考え方とも絡んでくるのではないでしょうか。また、タメコミアンとミニマリストなのかの違いは、金融機関のローンの好みに対しても変わってくるという印象を、実際に応対していて受けることが多かったです。

・こちらでタメコミアンとミニマリストについての記事が紹介されています。

「すぎる」という不幸 ~「タメコミアン」と「ミニマリスト」がともに残念な理由(やましたひでこ) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

断捨離派の人の中には、断捨離というよりせっかちという感じの人もいます。手に入れたらさくさく処分してしまわなければ気が済まないタイプの人です。ローンにおいてもその通りで、「審査に一週間ほどかかります」と申し上げると「もっと素早くやってちょうだい」という反応。どうしてもローン種類によっては、少額の融資でも審査に時間がかかることがあるのです。そんな方にはネットで申し込みが完結し、即日融資が可能なローンがお勧めです。

wakaru-cardloan.jp

自宅にいて、しかも自分のペースで手続きできるので、せっかちさんにはぴったりです。

 

また、タメコミアンにもネット完結のローンは意外にぴったりなのですよ。なぜかというと、実際に溜め込みすぎてローンの申込書を何度も無くすお客さんが実際にいるから。雑誌やパンフレットと一緒に溜め込んで、どこにあるかわからず何度も金融機関にもらいに来るという方も実際にけっこういるのです。溜め込んだ雑誌やパンフレットの海に申込書が混ざってわからなくなっても大丈夫!ネットでのローン申し込みは申込書がいりませんしお手軽で迅速です。

強い味方ですよ!