読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約&金融サイトを運営する人の日々の思い&苦悩ブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

メキシコのアボカド農家がピンチ!関税20%になるかも…

昭和時代に生まれた人の中には、アボカドにトラウマを持つ人もいるのではないでしょうか。

 

一昔前。アボカドは現在ほど多く流通しておらず、生鮮食品売り場の中では決してメジャーな存在でもありませんでした。果物売り場の中にぽつんと置かれている黒っぽい緑の果実は、何だか子供心に特別感のようなものを覚えたと記憶しています。当時はまだ珍しい果実。それがアボカドでした。

 

果実として売られているなら当然甘いのだろうと考えます。しかも珍しいわけですから、とびきり甘くて美味しいのだろうと、アボカドをよくしらない人は思うわけです。どきどきしながら購入して自宅で皮を剥き一口かじって、当時の人々は己の失敗を悟ったものです。

 

固いし味もしない!

何だこれ!?

アボカドはそんなびっくり果実でした。

 

当時はインターネットも普及しておらず、スマートフォンもありません。情報媒体として代表的なものは新聞とテレビでした。新聞やテレビはネットとは違い、都合よくアボカドの特徴や食べ方を教えてはくれません。もちろんアボカドという食べ物の口コミを簡単に確認することもできませんでした。だからこそ昭和生まれの人たちの中にはアボカドの悲劇を経験している人もいるのです。

 

今みたいにネットがあればアボカドと検索するだけでトランプ大統領の大統領令がメキシコとアボカドに及ぼす影響から、アボカドを含む農産物とTPPの関わり合い、そして美味しいアボカドの食べ方まで簡単に知ることができるのですが。

・この記事ではアボカド関税についてが書かれています。

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

時代は本当に便利になりました。ネットが普及していれば、アボカドは丼物やサラダ、サンドイッチに使っても美味しい果物であるということを知ることができたでしょう。アボカドの悲劇なんてなかったはずです。

 

さて、そんなアボカドは農作物。農作物といえばJAです。

JAといえばとにかく農業という印象があるのではないでしょうか。しかし、JAバンクというくらいですから、当然ですがローンなどの取り扱いもあります。もちろん手軽なローンであるカードローンも扱っています。

・このブログではJAネットローンについて紹介されています。

JAバンクのJAネットローンが人気!誰でも借りれて低金利のカードローン - カードローンがワカル

アボカドみたいに現代のネットで検索すれば、意外な所でカードローンの扱いがあることに気づいて、「こんなに色々あるの?どう料理しようかしら」なんて思ってしまいますね。