読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約&金融サイトを運営する人の日々の思い&苦悩ブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

介護業界に新星登場?ロボット技術でらくらく介護も可能になる!

医療に機械が取り入れられるようになって暫らくの時間が流れました。現在は、手術に使う精密機器や、検査に使う機器など、昔は腕一本だった医療分野にも現在は多くの医療機器が取り入れられています。MRIなどは一般の人でも検査でお世話になることも多く、とても馴染みのある機器ではないでしょうか。また、江戸時代などの腕一本で医療に抱いていた時代にはなかったものを機器と位置付けるなら、採血検査に使う機器や血圧測定器なども機器に入ることでしょう。

 

スーパーなどには血管年齢測定器といった、ちょっとした話にネタになる検査機器も置かれています。硬貨を投入後に手を入れると、一分程度で簡単な健康状態が測定できるとあって、興味を惹かれて挑戦してみたという人も少なくないのでは?

 

本格的な機器から、スーパーに置かれている手軽な機器、そして簡易の血圧測定器といった個人所有できるものまで、医療分野では多くの機器が活用されています。乳鉢で一生懸命、汗をふきふき、薬草をすり潰していた時代の人が見たらびっくりすることでしょうね。

 

機器の進歩と共に医療も進歩し、筆者が子供の頃には難病の筆頭とさえいえたガンにも効果的な治療法がたくさん発見されました。お値段は張るものの、このまま研究が続けば、いずれ一般人にも手が届くものになることでしょう。難病の幾つかはもはや死の病ではなく、治療次第で治ってしまうものになりました。

 

しかし医療の進歩と共に日本人の寿命が延び、新たな介護という問題が議論されて久しいことは、皆さん既にご存知かと思います。難病が治癒できるようになれば、もちろん難病で亡くなる人がその分だけ減ります。年秒だけでなく病気全般がどんどん治すことができれば、その分だけ多くの人が長生きできるようになるのは当然のことですね。

 

介護分野への機器の導入も検討され始めています。

介護をロボットに任せることはできないかと研究も進んでいます。最近、保険屋や金融機関でよく白い顔をしたペッパー君がお客さんの案内を手伝っていますよね。いずれ介護施設でも似たような顔が介護を頑張る様子も見受けられるようになるかもしれません。介護は繊細な問題ですから施設入所者の気持ちのケアは人間がすることになっても、介護の中でも特に力仕事はロボットが活躍してくれるかもしれないですね。

しかし問題は、医療機器やロボットはとっても高額ということ。

 

よく検査で使うMRIなどは軽く1億円を超える価格だとか!ロボット化、機械化するにも先立つものが必要だということですね。医療機器の購入に使える医療機関向けローンもありますので、活用を検討するのもいいでしょう。

医療機関向けカードローンについて詳しくわかる記事を紹介します。

ビジネクスト医療機関向けローンの審査や金利ガイド - カードローンがワカル

もちろん介護系の機関でも利用できるローンになります。

 

ただし、現状、ロボットが医療用ローンの対象になるかは微妙なところです。医療現場や介護の現場でロボットがどんどん活躍するようになれば、ロボットも医療機関向けローンで買えるようになるかもしれないですね。