読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融サイトを運営する人のブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

万が一のときに。どこからでも全国対応のカードローンがあればいいね

宝くじに高額当選すると、高額当選者用の冊子が配布されます。

 

冊子には高額当選者のエピソードや、高額当選した人への注意などが書かれています。たまに高額当選をした人がすぐに仕事を辞めて、それから高級車を数台購入し、家の建て替えをしたところで近所の人に「あなた宝くじでも当選したでしょ」と言われる。こんなことをするといくら内緒にしていてもすぐに高額当選がバレますよといったごく当たり前のエピソードや注意書きが薄めの冊子一冊にまとまっています。詳細な中身は、是非とも皆さんが高額当選して確認してみてください。

 

さて、そんな高額当選ですが、当選する確率はとっても低いことは皆さんよくご存じかと思います。

 

一等の当選となると雷に打たれる確率と同じくらいだといわれますし、一等以外の高額当選を含めて考えても、飛行機事故や火災、自動車事故にあう方の確率が遥かに高いといわれています。生きていく上で大きなプラスよりも大きなマイナスにあってしまう確率が高いというのは、何とも夢のない話です。

 

では確率を上げるために宝くじを一気にたくさん購入すればいいのではないかという話ですが、宝くじの購入金額の40パーセントは地方財源に充てられると決まっており、当選金額は合計して50パーセントまでの割合という決まりもあります。

 

とてもざっくりとした計算ですが、1億円分を購入すると5,000万円は単純計算で赤字が出てしまうことになります。100枚の宝くじが販売されて100枚全部を買い占めたとしてもそのうちの50パーセントの金額しか当たらないように当選金額に規制があるわけです。ですから、全部買い占めたとしても、出資した半分のリターンしかない、絶対に勝てない夢のくじであるのです。話を進めるごとにどんどん夢がなくなっていきますね。宝くじで最高のリターンを得るのは、バラで1枚だけ購入して一等当選することでしょうか。そうすれば数百円の出資に対し億円ですから、まさに夢を掴んだといえます。

 

ところで、宝くじの高額当選は人生において落雷や火災、事故といったマイナスを引き当てるより確率が低いといいましたね。突発的な出来事のためにはいざという時にどう資金工面するかを考えておくことが重要です。宝くじはそう簡単にリスクヘッジに使えるほどの金額は当たりませんので、あまり当てにすることはできなさそうです。全国区で使えるカードローンなどを調べておくと、いざという時は安心ですね。

・全国どこからでも申し込めるカードローンがワカル記事を紹介します。

wakaru-cardloan.jp

なお、金融機関では宝くじの扱いもあります。諦めきれない夢のためにセットでいかがでしょうか。