読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融サイトを運営する人のブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

話題のミドリムシ、クロレラとどう違うの?似ているようで違うもの

健康食品の健康への有用性がしきりに説かれ、雑誌や新聞の折り込みチラシとして人間の健康食品だけでなくペットの健康食品まで目にするようになりました。犬や猫も動物医療の発展によりどんどん寿命が延びていると聞きます。最近はペット用の老人ホームもあるようで、つい十年前のペット事情と隔世の感が否めません。動物も、それを飼う人間も、健康への関心がそれだけ高いということかもしれません。

 

健康食品と言えば、まさに健康食品やサプリといった各種商品の先駆けともいえる歴史ある一品クロレラ

 

皆さんはクロレラと近年話題になったミドリムシの違いをご存じでしょうか。

 

中には「クロレラは藻だけどミドリムシは虫」と答える方もいらっしゃるかも。違います。ミドリムシは紛らわしい名前をしていますが、虫ではありません。クロレラとそんなに変わらない存在である藻です。ミドリムシに名前をつけた人は、まさかこれだけ時が流れてミドリムシの有用性が解明され、しかも「ムシ」という名前が一種の誤解をよぶことは想定外だったのではないでしょうか。

 

「ムシ」という名前がついているだけで口に入れることをためらうような感がありますが、広義的に考えれば日本人の好物である海老や蟹も虫のようなもの。そのあたりを気にしたら負けという気もします。名前や見た目に関わらず体に良いものは良く、美味しい物は美味しいのです。

 

クロレラミドリムシの違いは体への吸収率です。細胞壁クロレラの方が固めで、ミドリムシの方が柔らかめです。クロレラミドリムシも共通している栄養があるため、同じ栄養でも細胞壁が柔らかめのミドリムシの方が人間の体に吸収される率が高いということです。

 

ただし、人によって相性もありますし、栄養がまったく同じというわけでもありません。ミドリムシにはミドリムシの有効性があり、クロレラにはクロレラの長年愛される理由があります。そこはよく考えて自分に合った栄養食品やサプリを選びたいですよね。

 

カードローンも同じで、モビットやプロミス、アコムなどの消費者金融地方銀行都市銀行といった銀行、信用金庫がそれぞれ独自性のあるカードローンを提供しています。栄養食品やサプリと同じように自分に合ったカードローンを選びたいですよね。