読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約&金融サイトを運営する人の日々の思い&苦悩ブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

山形の新庄市が舞台の「赤い雪」の撮影中。風情ある雰囲気いいですね

山形県といえば東北の一つの県です。東京や神奈川あたりから見れば、どうしても地方都市という印象があるかもしれないですね。しかし、インターネットの発達した現代、日本のどこに住んでいても、芸能人のコンサートや大きなイベントに参加することを別にすればあまり不便さはなくなりました。

 

ほとんどのものがインターネットで買えますし、大学や大学院によっては在宅で授業を受ける方法を取り入れてもいます。個人事業主も職種によってはインターネット回線さえ引いていれば日本中どこでも仕事ができるとあって、中には古民家を購入してのんびり事務所を設営している人もいるとか。

 

また、金融機関のサービスも、都市銀行地方銀行でほとんど差がない時代です。都市銀行のサービスの方が何となく金利が低く利便性が高いと思われがちですが、決してそんなことはありません。山形県の地銀である荘内銀行には来店不要のカードローンもありますので、「地方都市だけれど住んでいて特に不便は感じないなあ」という感想も多いのではないでしょうか。

 

そんな山形県ふるさと納税で有名な自治体、天童市があることでも有名ですね。天童市は将棋の駒やさくらんぼ、桃などをふるさと納税の返礼品に並べており人気。そして寄付金額のランキングでは上位にランクインしている自治体です。1万円以上寄付をするとおまけとして職人が作った将棋の駒ストラップがもらえることも人気に拍車をかけています。

 

また、山形県といえば長編映画の「赤い雪」の舞台となった荘内地方があり、しかもロケで実際に使われています。山形県は映画のロケ地としても有名です。有名な映画としては、「るろうに剣心」や「超高速!参勤交代」も山形県でロケを行ったことが知られています。山形県はロケ地として大人気の県なのです。

 

もし皆さんが山形を訪れることがあれば、趣味の範囲で自主制作映画などを撮影してみるのはいかがでしょうか。家族の楽しい旅行を収めたホームムービーでもいいかもしれないですね。

 

その時は荘内銀行のカードローン活用も検討してみてください。

 

2017年3月現在、金利は年4.5%からと、地銀のカードローン条件としては決して悪くありません。

・こちらから荘内銀行のホームページを紹介します。

www.shonai.co.jp