読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約&金融サイトを運営する人の日々の思い&苦悩ブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

どうなる?韓国の経済状況が悪化の傾向に。今後に不安が残ります

韓国の経済状態が悪化傾向にあります。

 

他国の経済が悪化したからといって自分は投資もしていないし、自分の会社は輸出入にもほとんど関わっていない、だから関係ない。そんなふうに考えていませんか。

 

実は、他国の経済悪化は、まったく関係のない「え、そんなところに?」という部分に影響を及ぼすことがあります。「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざがありますが、余所の国の経済悪化は、「風が吹けば煎餅屋の収益が下がった」ということになりかねないニュースなのです。昔は日本国内とごく狭い範囲の国際関係を考えていればよかったのですが、まさに国際社会、世界の裏側でもポケモンがプレイできてしまうこのご時世、どんなに輸出入と自分の勤める会社が関係なくても、そして投資をしていなくても、余所の国の経済悪化は他人事ではありません。

 

・こちらから韓国経済悪化状態についての記事を紹介します。

headlines.yahoo.co.jp

 

例えば韓国ですが、日本に旅行にやって来る人数が多いことで知られています。2015年の統計を見れば、中国に次いで韓国は日本に訪れた人数で第二位です。

 

もちろん百人の海外観光客が100円ずつ使うより一人の観光客が百万円使ってくれる方が観光業界は儲かるわけですが、訪日の人数が多いということは、総合的に見て日本に落としてくれるお金の額が多いということです。しかし、経済状況が悪化したらどうでしょう。お金を使ってくれるどことか、旅行自体を控えてしまうかもしれないですね。すると、最終的にお土産品の代表格である煎餅屋や饅頭屋の収益が落ちるという現象に繋がるわけです。

 

現代は「爆買い」なんていう言葉もあるくらいですから、家電や化粧品、衣料品や医薬品など、日本で購入するお土産は決してお煎餅やお饅頭だけではありません。それを考えると、「風が吹くと化粧品や衣料品など色々な業種の収益が落ちる」ということも考えられます。どうです?あなたの勤める会社はやはり関係なさそうですか?

 

家電や化粧品会社の収益が落ちると、当然ですが下請け会社の契約を見直したり、商品に使う材料の買い控えしたりなどという悲しい現象が起きます。世界は丸いですから、けっきょく、国際社会においては地球のどこにいて、どんな生活をしていても、多少は影響を受けるのではないでしょうか。

 

日本という国の経済はそんな饅頭屋や煎餅屋、医薬品店に電気屋にエトセトラといったたくさんの業界に支えられています。お店の収益が傾けば日本経済そのものが影響を受けます。ローンには変動金利と固定金利がありますが、変動金利は経済状況の好不況の影響を受けやすいというデメリットがあります。これからカードローンを検討するなら、ちょっと悲観的かもしれませんが、固定金利という名の安心を取るのも一つの賢い選択肢かもしれないですね。

 

https://www.ana.co.jp/travelandlife/infographics/vol08/