読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融サイトを運営する人のブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

外に出るのはちょっとキツイ。でも今すぐどうにかしたいそんなとき

春の中でも特に初春の天気は変わりやすく不安定です。突風が吹いたかと思えば、急に気温が上がる。かと思えば、ごろごろと雷の音がする。しかも日本中が同じというわけではなく、東北に春一番が吹き荒れているのに関西では夏のような日和ということも珍しくありません。

・関東・東海を中心に全国的に荒れた天気に。天候記事を紹介します。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6230636

 

暑いとなれば日本全国とにかく暑い夏とは違い、春は地域によってかなりの天候差がある季節なのです。

 

しかし、同時に春は花々の咲き乱れる美しい季節でもあります。特に桜は日本の代表的な花で、多くの日本人に昔から愛されてきました。ですが、実はこの桜という話、大昔において咲いている姿を愛でるものではなかったようなのです。日本最古の和歌集である古今和歌集には「今年より春知りそむるさくら花散るといふ事はならはざらなむ」などの、桜が散る姿を謳った和歌が多く納められています。こちらの和歌は紀貫之の作ですね。

 

確かに桜の花びらがひらひらと風に舞い散る姿は風流であり、日本人としては感じるものがあります。開花率をチェックしながら満開を待つのもいいですが、少しずつ散ってゆく桃の雨のような姿も美しいものです。

 

しかし、春風に乗るのは桜の花弁だけではありません。

 

春といえばまず黄砂。風が強い日は洗濯ものや車が黄色になりますし、くしゃみや鼻水で苦しむ人もいるようです。

 

また、春風に乗る辛い存在として黄砂以外に花粉もあげられます。まだ春というのは寒い三月の頭頃には既に町中でくしゃみや鼻水、目の痒みを訴える人を見かけます。それこそ桜が美しい花を咲かせ、散らす頃は花粉症の最盛期です。花粉症のメカニズムは、花粉を異物として認識した体が一生懸命と花粉を体外へ排出しているというもの。つまり「体の中に花粉を入れないための攻防」が繰り広げられていることになります。メカニズムはどうあれ、そうした体の中の攻防が辛い症状を引き起こしていることに変りはありません。

 

春は天気も不安定ですが、体調も不安定です。くしゅん!と咳をし、家を出れば突風が吹く。綺麗な季節ですが、この不安定さは堪らないものがあります。急にお金を工面しなければならなくても、外に出ることすら辛いですよね。

 

お金がないからちょっと単発のバイトでもと思っても、くしゃみ鼻水でそれどころではないという人もいるかも?けれど、スマートフォンや公共料金の支払いは花粉症や黄砂、春特有の気候など考慮してくれません。レイクなら少額をスピード手続きで借り入れ可能ですから、天気や体調のせいでなるべく春はお家の中にいたい人でも安心ですよ。

・こちらの記事からスマホ代を借りるならレイクがおすすめ!を紹介しています。

スマホ代!2,3万借りるならレイクで借りると自転車操業にならず圧倒的にお得!

 

もちろん24時間スマートフォンから申し込みできます。春は自宅から出なくても手続きできるカードローンが大活躍する季節ですね。

 

http://weather-ignorance.jp/02-nihon_2.html