読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約&金融サイトを運営する人の日々の思い&苦悩ブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

カードローンで最初に借りたい金額ってどれが多いんだろうか考察

カードローンでいくら借りたい?

 

カードローンを借りるとき、人によっていくら必要かは異なりますよね。1万円だけ借りたい人もいれば、20万~30万ぐらい必要な人もいます。さらには、思い切って100万円が必要なんだ~!と言う人もいます。

しかしどれが多いのでしょうか。色々 金額から記事にしているので参考にどうぞ

 

千円とか、五千円とかのニーズもある。

 

wakaru-cardloan.jp

世の中には、友人・知人に気軽にお金を借りることができなくて、千円、五千円などの少額をカードローンで借りたいという人もいます。半分ぐらいのカードローン会社では、最低借入額が1万円以上なので、1000円以上借りられるのはプロミスなどの一部のカードローンです。タバコ代、ビール代、居酒屋代などの一時的なニーズで、千円、五千円を借りたいと思う人がいるようです。

 

一万円を借りたい人は、生活費かな?

 

個人的に一万円貸してほしいと言われたことがあるのでわかるのですが、1万円を借りたいというニーズを持っている人は、生活費の借り入れが多いようです。それがもっとも危険なのですが知ってますか?10万円や100万円の借り入れは、目的がはっきりしているため、返済意欲も高いのですが、1万円などの生活費の場合、ダラダラと使ってしまっていますから、返済意欲が低いといえます。私も実際、貸した1万円は返ってきませんでしたwですが、今は不景気で若い世代もお金がありませんので、1万円だけ借りたいというニーズは確かに存在します。中高年も、子育ての真っ最中でお金がありませんから、生活費があと1万円あれば・・・というニーズが高いものと思われます。

 

10万円を借りたい人は、目的がはっきりしている人

wakaru-cardloan.jp

 

いっぽうで、10万円借りたい!という人は、比較的目的がはっきりしています。英会話を習いたいとか、留学したいとか、そういった目的がある借り入れを希望している方が多いようです。専用のローンではまかないきれない部分を、カードローンのフリーローンで借りているわけですね。もちろん、生活費として10万円必要!と言う人もいるとは思いますが、そういう人は1万円ずつチマチマ借りると思うので・・・

また、10万円借りたいという目的意識がはっきりしている人は、クレジットカードのキャッシングよりもカードローンのほうが、金利が安くておすすめだと思うので、それを執筆しました。初回なら利息もゼロですし、カードローンはクレジットカードのキャッシングよりもオトクな面が多いので、そうした文脈で記載しました。

 

100万円も借りたい人ってどんな人?

wakaru-cardloan.jp

 

100万円を借りたい人って、どんな人か考察してみます。意外とニーズはあるんじゃないでしょうか。家族単位の引っ越し、しばらく会社を辞める・休む、個人への借金返済、留学などなど・・・大きなお金が必要なシーンはあると思います。そこで、100万円というのは非常に高額ですので、審査通過率が肝心になってくると考えました。金利ももちろん重要なのですが、それだけの大金を、審査の厳しい銀行に申し込んで、落ちてしまっては元も子もありません。そのため、まずは審査通過率のたかい消費者金融がおすすめだと思いました。収入証明書が必要ですが、それぐらいの金額を借りる人にとっては、必須の書類です。収入証明書が用意できない場合は、思い切って銀行がおすすめです。まあ、金利も安いですしね。ですが、審査には時間がかかるので、注意点として記載しました。やはり100万もの大金となると、銀行も慎重にならざるを得ません。即金で100万円借りることってできるのでしょうか?よっぽど信用情報が良くて、公務員で給料も高くて延滞したことがなくて、他社のカードローンで実績を積んで完済している、とかでないと、即金で100万円調達するのは難しいかもしれませんね。

 

どの人が多い?考察してみた

 

そして、どれぐらいの額を借りる人が一番多いかという考察ですが、私の個人的な意見では、1万円~5万円のちょこちょこ借りがもっとも多いのではないかと思います。なぜなら、10万円以上の借り入れは、銀行やクレジットなどの専用のローンがあるので、現金でそのまま数十万円が必要となるケースはそれほどないと思われます。ですが、1万とか5万とかの場合は、コンビニなどで買い物する時や、飲み会の費用、合コン代など、現金が必要となるシーンが数多くあるからです。

いっぽうで、キャッシュでまとまった額が必要だというニーズもあります。たとえば、親御さんが急に亡くなられて、お葬式をあげたいなどのシーンですね。クレジット払いがききませんので、まとまった現金が、しかも即座に必要となります。お葬式は意外とお金がかかりますからね。急で動転していて、節約お葬式もなかなかできませんし。

そうそう、冠婚葬祭と言えば、結婚式のご祝儀もカードローンで借りる人は非常に多いです。3万円などですね。27歳前後の方だと、結婚式が重なって、出費が重なってカードローンへ・・・というパターンも多いのです。ですが、健康で働いている限りは、ボーナスなどでまとめて繰り上げ払いすれば、すぐに完済できます。

私は個人的に、会社の寮から出るのに定期預金を崩したくなくて、カードローンで5万ほど借りたことがあります。引っ越しもニーズとしては高いですね。引っ越しは借りる理由としては行方不明になるリスクがあって借りづらいのですが、引越し先の住所も提出したことでなんとか借り入れできました。

ということで、1万から5万程度のニーズがもっとも高く、人生のライフイベントで10万から20万、場合によっては100万円の借り入れが必要となるケースがあるという考察でした。今後も、検索結果などとにらめっこしながら、どのようなニーズが利用希望者にはあるのか、考察しつづけていきたいと思います

 

追記 

最近 銀行カードローン周りで見直しがはじまってるようですね!

総量規制とかも厳しくなってくるイメージがあります

www.asahi.com