読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融サイトを運営する人のブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

自家用車のいじって大変。思ってる以上に負担になる車維持費

車屋で車を選ぶのはとても楽しいことだと思います。

最近の車の色は随分とカラフルで、カタログで同じ車を見るよりずっと綺麗です。しかも、昔は白や黒、銀、赤など原色はっきり系の車ばかりであまりカラーバリエーションがなかったのに、最近の車はピンクや紫、ゴールドなどもそろっており、カラーで車を選ぶこともできるようになりました。中には二色以上の多色が使われている車もあり、道を歩いていて「昔はこんなにカラフルな車ってなかったよな」と、通り過ぎたばかりの車を振り返ってしまうこともあります。

 

おそらく、カラーバリエーションが増えたということはよいことなのでしょう。選択肢が増えるということです。あまり車に興味のない人でも「このデザインにこの色っていいな」と車のスペック以外のところで選ぶことができます。

 

色といえば、皆さんは風水についてどう考えますか?

 

例えば金色や黄色、そして茶色は金運と深い関わりを持つ色だといいます。黄色や金色はまさに富の色です。茶色は富である金を育む大地の色です。お財布は特に黄色は、お金がよく入ってくるといいます。


しかし黄色は世界をトップスピードで駆け抜ける光や雷の色でもあります。黄色い財布を使っていると、すぐにどんどんお金が入ってきますが、光のようにお金が駆け抜けてしまうとか。収入と同時に支出も増やしてしまうのが黄色であると言われています。

 

車屋で車を選ぶのは楽しいですし、いざ新しい車を購入するとなると心が躍るものではないでしょうか。しかし買ってから「こんなにお金がかかるものなの!?」とびっくりすることもあるかも。車の維持にはガソリン代も必要ですし、自動車税の支払いも必要です。内部に取り付ける備品代も必要です。

・こちらからは車の維持費について記事が紹介されています。

bylines.news.yahoo.co.jp

 

中でも最も痛い出費が二年に一度の車検代です。車検代は車のスペックや重量によって変わりますが、普通車だと安くても十万円以上を見なければいけません。これが二年に一度ですから、安く見積もっても四年で二十万円以上の出費です。新卒社会人の月収が一カ月分吹っ飛んでしまう計算です。若者の車離れが指摘されていますが、毎年の自動車税に二年に一度の車検となると、確かに維持管理が難しいため車の購入を控えてしまう人もいるかもしれないですね。

・こちらんぼブログでは車検ローン利用方法が紹介されています。

車検にもローンって使えるの?車検ローンの利用方法と適用範囲・金利を徹底解説 - カードローンがワカル

 

車の資金にはマイカーローンやカードローンを使うこともできますが、二年に一度借り入れをして、支払いが終わる頃にまた次の車検のために借り入れをするのも大変だなという印象です。

 

ところで、黄色い車を購入したら、風水ではどんな解釈がなされるのでしょうか。黄色は光や雷の色ですから、スピードが出そうな気がしますね。それと、収入も増えそうな気もします。ただ、支出も増える色という話ですから、黄色い車は車検代で余計に費用がかかりそうでちょっと怖い気もしますね。