読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約&金融サイトを運営する人の日々の思い&苦悩ブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

アメリカの45代大統領トランプ氏が与える影響は?日本への考えられる影響

証券会社の裏話です。

証券会社に勤めていると、その日がとても忙しい一日になるのか、それともわりと余裕をもって仕事のできる日になるのかが、朝起きてテレビを点け、新聞を斜め読みしただけでわかるようになります。別に証券マンはエスパーというわけではなく、予知能力があるというわけでもありません。多くの証券マンは朝ないしは前日の状況で「明日は戦いだ」と何となく察することができるようになるのです。

 

どうしてそんな第六感が磨かれるのか?一体何から忙しいか忙しくないのかを判断しているのか?その答えはニュースです。

  先日、アメリカの新大統領にトランプ氏が就任しました。さっそくメキシコとの国境に壁を作るという大統領令にサインし、世間を騒がせています。しかし、トランプ氏が騒がせたのは世間だけではなく、おそらくは証券会社をも大きく騒がせたことでしょう。

 

 なぜかというと、日本やアメリカの政権交代が行われると、投資家の皆さんがこぞって証券会社に「為替相場は今後どうなると思う?」「株価の予想を聞かせてください」「外国債券にどんな影響が?」と電話をかけてくるからです。北京オリンピックの開催が決まった時もそうでした。政権交代だけでなく大きな行事がどこかの国で開催が決定すると、やはり投資家の皆さんは今後の相場動向が非常に気になる様子。まあ、自分のお金を投資しているわけですから、仕方がないといえば仕方のない話であり、当然といえば当然の話とも言えるでしょう。皆さん、財布の中身がかかっているわけですからね。

 

政権交代などの大ニュースがあると証券会社の社員は非常に忙しくなるわけです。酷い日には朝から晩まで電話口でしゃべりっぱなしです。筆者は既に証券会社を辞していますが、トランプ氏の大統領就任の日は「うっかり熱を出して会社を休みたくなるような日だ」と、朝から意味もない脱力感に襲われてしまいました。おそらく、一種のトラウマです。

 

金融機関に勤めていると年金支給日や大ニュースのあった日、大企業の口座引き落としが重なる日や給料日の重なる日は「今日は仕事に行くのではない。戦に行くのだ」という意識があります。もう、金融機関勤めが長いと、脳や体にそういった事柄が刻み込まれてしまうのでしょう。

 

大ニュースがあると、証券会社に今後の相場をどう見るかの電話が殺到します。中には近所の宅配ラーメン屋への注文が間違ってかかってきたり、証券会社では扱っていない類のローンに関する問い合わせなどもあったりします。「住宅ローンを申し込もうと思っているのですが。〇〇銀行の金利は今後どうなるでしょう。今申込んでもいいものですか」なんて、そんなことはお願いですからご検討中の銀行にかけてくださいねという電話がかかってきたりするわけです。


証券マンはやはり投資のプロなので可能な限り答えはするのですが、政権交代による影響は読めない部分が多いです。朝から電話の数は多くなるとは読めるのですが……。

 

どんな内閣総理大臣や大統領も、現在進行形で政策を打ち出し上に私たちは現在進行形で生きています。新大統領の作る未来を見たことのある証券マンなどいるはずがありません。中には「株は上がります!」と自信満々に答える証券マンもいますが、誰も未来を見通すことができないからこそ、プロであっても答えることは難しいです。どんなことを答えるにも「おそらく」と、言葉の最初に仮定を意味する言葉をつけなければいけませんから、お客さんに「はっきり答えて」と追及されると非常に胃の痛い思いをします。お客さんが未来を予測できないことと同じように、証券マンだってできませんから。

 

トランプに描かれる四つのマークのうち、ハートは聖杯や聖職者、愛や感情を意味し、クラブは農民や杖、棍棒、努力を表しているのだとか。スペードは騎士や剣を表現するスートなのだそうです。

 

未来を正確に読むことができません。相手の手札を見ることができないことと同じです。トランプ氏がどんな大統領としてどんな未来を作るのかは、現段階ではどんなに敏い証券マンであっても正確に読み切れるものではありません。もちろんローン金利も、暫くはこのまま続くのではないかな?という予想の範囲を出ません。

wakaru-cardloan.jp

 トランプ氏の顔にダイヤが見えるなら、「株は上がる」「金利もよし」と勝負をかけてみるのもいいでしょう。

 

ちなみにダイヤは硬貨や商人を表すそうです。それから、カードゲームを「トランプ」と呼ぶのは日本だけで、海外では「プレイングゲーム」と呼ぶそうです。トランプの意味は「切り札」ですね。

どうです、金融面でのチャンスは見えますか?