読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約&金融サイトを運営する人の日々の思い&苦悩ブログ

金融サイトを運営するにあたり苦悩などをかいています。

地銀カードローンってTポイントにやたら頼る癖ある気がする

銀行カードローンとTポイント

銀行カードローンにおけるTポイントについて調べました。

書いた記事↓

銀行カードローンでTポイントが貯まるお得なおすすめカードローン7選


意外とサービスを積極的に展開しているのはスルガ銀行だけ。
スルガ銀行は本当に“攻めている”銀行なのでおすすめです。カードローンだけでなく、住宅ローンでも不動産投資用のアパートローンでもおすすめだとは耳にします。
そんなスルガ銀行に電話取材を敢行し、Tポイントについて根掘り葉掘り聞きました。
おすすめはなんといっても、Tポイントで返済ができる点。コツコツ派の人には欠かせない、ありがたい情報ですね。
もちろん、せっかくのTポイント、牛角やガストなどでも使えますので、パーッとハレの日の外食に使ってしまってもいいのですが、返済に使うのもありです。
とはいえ、1%還元なので、焼け石に水かもしれませんが・・・でも、1%でも、10万円の場合は1,000円になります。カードローンの返済の場合は、ちりも積もれば山となるの精神で、執筆しました。
そんなオトクなスルガ銀行です。Tポイントに関しては、スルガ銀行が圧倒的にオトクです。

スルガ銀行についても追記しておきます

 

Tポイントについて調べていくうちに、業界の癖がわかってきた

銀行カードローンとTポイントの関係について調べていくうちに、スルガ銀行を含めて、カードを契約しただけでTポイントが付与されるのは、銀行独自のサービスではなく、T-mallの専用サービスだというところに行き当たりました。つまり、銀行カードローン、たとえば横浜銀行但馬銀行北洋銀行などにTポイントについて問い合わせても、すべて、「わからない」と言われてしまうのです。ほんとうにわからないのかどうか、Tモールに記載されている銀行にはすべて電話をかけて、Tポイントについて聞きました。平日の昼間に記事を書いていたので、ちょうど銀行カードローンのフリーダイヤルが受け付けている時間帯でした。余談ですが、やはり銀行カードローンはフリーダイヤルの受付時間が消費者金融にくらべて短いです。こんなところでも、「金利の銀行カードローン、サービスの消費者金融」という差がでますね。
そして、Tポイント付与サービスは、Tモールの独自サービスだというところにつきあたりました。なぜ、Tモール経由で銀行カードローンを契約するとTポイントが付与されるのか?どういう仕組になっているのかまではわかりませんでしたが、もしかしたら裏でキャッシュバックのようなものがあるのかもしれません。それが、ユーザーに還元される仕組みです。Tポイントは、ついつい貯めたくなりますので、カードを作るだけでよければ、Tポイントが欲しい人はいくらでも作ります。私もキャッシュバック目的でいろいろな口座を開設することはありますので。
そんなTポイントですが、詳細はCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)に問い合わせる必要があり、銀行カードローンの方に間違って、「いつ付与されますか?」と聞いても、答えを得ることはできませんので注意喚起する必要があると感じて記事にしました。
また、かならずTモールから申し込む必要があります。それも明記しないと、ユーザーが間違って銀行カードローンの公式ページから申し込んでしまいます。それも注意事項として記載しました。

 

但馬銀行は、内部の打ち合わせができていない!?

Tポイントですが、但馬銀行の場合は、提携だけが決まっていて、まだ具体的にどのように付与されるのかは、電話取材ではわかりませんでした。かなりねばって、根掘り葉掘り聞いたのですが、オペレーターに降りてきている情報では、提携が決まった、ということだけでした。といいますが、オペレーターの女性も、Tポイントについては初耳だったようで、すこし保留を押されて時間を取られました。ですが、聞いても聞いても、Tポイントについては、提携すること以外はわからないとのことでした。6月に新サービスがスタートすることを神戸新聞が報じていたので、それまでに詳細を詰めるものだと考えられます。もう時間はないですね、どうするのでしょうか。
但馬銀行は、内部での打ち合わせがまったく進んでいないようです。

 

今後は、地方銀行を中心にTポイントの活用が増えてくる!?

スルガ銀行但馬銀行は、Tポイントと独自に提携しています。北洋銀行横浜銀行などは、Tモールの独自サービスです。正確には、スルガ銀行もTモールから申し込んで契約すれば、Tポイントがもらえる上に返済でもTポイントが貯まって非常にオトクなのですが、とにかく独自でサービスが進んでいる会社と、Tモール主導でサービスが進んでいる会社と、2通りあるようでした。ですが、Tポイントを持っている人は、CCCの発表によると6,000万人を超えています。今後は、地方銀行のカードローンを中心に、Tポイントの活用が増えるものだと考えられます。

 

個人情報には注意が必要

ですが、CCCの個人情報の管理はあまり評判がよくありません。そのことも注意喚起しておく必要があると感じました。まだ買い物やカードローンの利用データだけが統計情報として流れるのであれば、サービス向上につながるのでいいのですが、個人情報まで流すのは少々やりすぎかと思いました。なので、その点についても軽く記載しました。

Tポイントの施策はホント何でもやってる印象 参考

biz-journal.jp